オンラインヨガをもっと快適に!ウェブカメラや広角レンズ、カメラの位置について解説

オンラインヨガをもっと快適に!ウェブカメラや広角レンズ、カメラの位置について解説

オンラインヨガはスマホ1つあれば簡単に受講できるのが魅力です。

でも、もっと快適に受講するためにおすすめなのが、ウェブカメラや広角レンズです。

「ウェブカメラや広角レンズはどうして必要?」「カメラの位置はどうすればいい?」などと思っている方もいるのではないでしょうか。

ウェブカメラや広角レンズを使ってみたくても、使うメリットや使い方がわからないと、買うべきか迷ってしまいますよね。

今回の記事では、ウェブカメラ、広角レンズを使うメリット、さらに具体的なカメラの位置までお伝えしていきましょう。

ウェブカメラや広角レンズがあると、狭い場所でもしっかり全身を映すことができて、映像も鮮明になるメリットがあります。

それぞれのアイテムを使い方、カメラの位置などの使い方についてもご説明していきたいと思います。

これらのアイテムを上手く使って、オンラインヨガをもっと快適にしていきましょう。

オンラインヨガでのウェブカメラ、広角レンズは使ったほうがいい?カメラの位置はどうしたらいい?

オンラインヨガでのウェブカメラ、広角レンズは使ったほうがいい?カメラの位置はどうしたらいい?

せっかくオンラインヨガを始めるなら、快適な状態でレッスンを受けたいですよね。

レッスン環境をぐんを上げてくれるのが、ウェブカメラと広角レンズです。

でも、「そもそもウェブカメラや広角レンズって何?」「オンラインヨガで使うとどんな効果があるの?」「どうやって使うの?」と思っている方は多いでしょう。

まずはこの問題から深掘りしてみたいと思います。

ウェブカメラ、広角レンズとはそもそも何?

オンラインレッスンが急増する中、ウェブカメラや広角レンズを使って、より快適にレッスンを受講する方が増えています。

でも、そもそもウェブカメラって何?広角レンズって何?という方も多いですよね。

どんなものかイメージできないと、使うべきアイテムか判断できません。

オンラインヨガでウェブカメラ、広角レンズは必要?

スマホやPCにはそもそもカメラが内臓されていますよね。

ウェブカメラや広角レンズがなくても、カメラに姿を映して受講することができます。

そのため、ウェブカメラと広角レンズの必要性がいまいちわかりにくいですよね。

わざわざ取りつけて利用する意味はあるのでしょうか。

カメラの位置はどこにすればいい?

せっかくカメラやレンズを使うなら、ベストのカメラ位置を知っておきたいですね。

オンラインヨガレッスンを受けるとき、どんな点に注意してカメラを置けば良いのでしょか。

 

このようにウェブカメラ、広角レンズのそもそもの意味やオンラインヨガで使うメリット、さらにカメラを置く位置等わからないことが多いと、使うべきか迷ってしまいますよね。

次の章ではこのようなモヤモヤを解決するために「ウェブカメラ、広角レンズとは」「オンラインヨガで使うメリット」「選び方」「カメラの位置」について解説していきたいと思います。

オンラインヨガを快適にするウェブカメラを広角レンズとは?メリット、選び方、使い方について解説

オンラインヨガを快適にするウェブカメラを広角レンズとは?メリット、選び方、使い方について解説

ウェブカメラと広角レンズは、オンラインヨガのレッスンに必ず必要なアイテムではありませんが、レッスンが受けやすい環境にしてくれるアイテムです。

でも、そもそもどんなものなのか、使うメリットや使い方がわからないと使うべきか判断できません。

「ウェブカメラ、広角レンズとは」「オンラインヨガで使うメリット」「使い方」について解説していきましょう。

オンラインヨガにおすすめアイテム!ウェブカメラについて解説

ウェブカメラを使うことで、全身がしっかり映り、鮮明な映像をインストラクターに届けることができるので、指導を受けやすいというメリットがあります。

使い方も簡単なので準備しておくと便利でしょう。

詳しくご説明していきますね。

ウェブカメラとは?

ウェブカメラとは、パソコンに接続してリアルタイムで映像を表示できるカメラのことです。

USBケーブルなどでPCに繋いで、カメラ部分をPCディスプレイの上部にセットします。

パソコンの中のソフトを通してインターネットと繋がるシステムになっているので、ウェブカメラ単体で利用することはできません。

でも、最近のノートパソコンには、はじめからカメラがついていますよね。

PCディスプレイ上部に内蔵されているでしょう。

タスクバーの「スタートボタン」→「アプリ一覧」→「カメラ」に進むと、カメラアプリを起動することができます。

ただし、このカメラアプリの機能はそれほど高機能なものではありません。

見える範囲が狭く、画質もそれほど良くはありません。映像の明るさなどの調整機能もついていないことが多いです。

そのため、内臓カメラより高機能を求める場合には、ウェブカメラが必要になるというわけですね。

商品にもよりますが、外付けのウェブカメラのほうが、高機能になっていることが多いです。

また、古いノートパソコンやデスクトップパソコンなど、カメラが内臓されていない場合にカメラを使いたいという時にもウェブカメラが必要になります。

ウェブカメラの相場は3,000円~10,000円ほどになります。

高機能になるほど値段が高くなりますが、オンラインヨガで使う場合には、5000円前後で十分でしょう。

安いものだと1,000円台の商品もあります。

オンラインヨガでウェブカメラを使うメリット

それでは、オンラインヨガでウェブカメラを使うと、どんなメリットがあるのでしょうか。

①カメラと距離が近い場所でも全身が映る

ノートパソコンの内臓カメラは、主にビデオ通話をすることを想定して作られているため、あまり広い範囲を映すことはできません。

カメラで撮影した際に写る範囲を角度で表したものを「画角」といいます。パソコン内臓カメラはこの画角が狭いのです。

パソコンでビデオ通話をする際には、顔がハッキリ映ればOKなので、広範囲を映す必要はないということですね。

そのため、パソコンの内蔵カメラを使ってオンラインヨガを受講すると、全身を映すのが難しいでしょう。

座っているポーズの時は全身映るけど、立ったポーズの時には上半身は映らない、寝た状態になると足のほうが見えないなどとなってしまうのです。

広い部屋の場合は、全身が映るように後ろに下がれば良いですが、狭いスペースしかない状況だと、全身を映すのは難しくなってしまいます。

このような状況だと、インストラクターに全身を見てポーズチェックをしてもらうことができないので、とても勿体ないですよね。

一方、ウェブカメラは広範囲を映すように設計されているものがほとんどです。

画角が広いので部屋全体を映すことができます。

これにより、カメラとの距離が近い場所でも全身が映るというメリットがあるのです。

パソコンの前に立ってみて内蔵カメラだと下半身しか映っていない状態でも、ウェブカメラなら同じ場所に立っていても全身映るというわけですね。

狭い部屋でも、しっかり全身を映してポーズチェックをしてもらえるでしょう。

②鮮明な映像を届けることができる

また、ウェブカメラのほうが画質が良いため、鮮明な映像を届けられるというメリットもあります。

あまり機能が良くなリーズナブルなウェブカメラの場合は、内臓カメラのほうが画質が良いというケースもありますが、一般的にウェブカメラのほう高画質のものが多いです。

「別に高画質でなくても良いのでは?」と思うかもしれませんね。

でも、インストラクターは、PCの画面上で複数の生徒さんのポーズチェックをするため、画質が悪いとうまく見えない恐れがあるのです。

自分の動きを正確に見てもらうことができないと、的確なアドバイスももらえないですよね。

特に夜にレッスンを受ける場合には、画質が悪いと上手く見えないことも多いです。

画質が良いウェブカメラなら、鮮明な映像をインストラクターに届けられるので、細かきポーズチェックをしてもらえるでしょう。

オンラインヨガでウェブカメラを使うデメリット

カメラと距離が近い場所でも全身が映る、鮮明な映像を届けることができるというメリットのあるウェブカメラですが、一つ難点があります。

それは、初期投資にお金がかかってしまうということです。

前述したように、ウェブカメラの相場は3,000円~10,000円ほどになります。

これを負担に感じる方は多いでしょう。

ただし、ウェブカメラは、オンラインヨガだけに使えるアイテムではありません。

全身を映すためだけのものではありませんので、顔をアップにして映すオンライン会議や、オンライン飲み会、オンラインランチなど、あらゆるシーンで重宝するでしょう。

いつもより明るく鮮明に映るので、あなたもお部屋もきれいに見せることができますよ。

高機能、高価格の商品ではなくリーズナブルなものでも、十分内臓カメラとの違いを実感できるはずです。

オンラインヨガで使うウェブカメラの選び方

それでは、オンラインヨガ用のウェブカメラを選ぶ時には何に気を付ければ良いのでしょうか。

ウェブカメラの利点は「カメラと距離が近い場所でも全身が映る」「鮮明な映像を届けることができる」ということ。

このメリット2点を踏まえて選ぶと良いでしょう。

①画角75度以上を選ぶ

ウェブカメラのメリットは画角が広いため狭い場所でも全身が映るということです。

しかし、中には画角の狭いウェブカメラもありますので注意しましょう。

一般的なウェブカメラの画角は60~75度程度です。

1~2人のウェブ会議なら50~60度、3人以上のウェブ会議なら90~150度程度必要になります。

オンラインヨガのレッスン用の場合には、75度以上のものを選びましょう。

身長にもよりますが、パソコンから1~1.5メートルほど離れれば全身映すことができます。

ただし、画角が広ければ広いほど良いわけではないので注意してくださいね。

150度以上のなると、端の画面が歪んでしまうのでかえって見にくくなってしまいますので気を付けましょう。

②200万画素以上を選ぶ

ウェブカメラのメリットは高画質なので鮮明な映像をインストラクターに見てもらえることです。

そのためには、ある程度高画質なものを選ぶ必要があります。

画素数の目安は、100万画素以上だと、テレビ電話で表情がわかる程度。

200万画素以上だと、テレビ電話で表情がくっきりわかる程度。

500万画素以上だと、部屋の中の細かい物や、文字なども見える程度になります。

オンラインヨガのレッスン用の場合には、200万画素以上のものを選びましょう。

できるだけ鮮明に映したい場合は、もっと高い画素数でも良いですね。

 

このような画角、画素数を目安にしていただくと、オンラインヨガ用として妥当なウェブカメラを選ぶことができるでしょう。

ただし、スペックが良いものにすると、それだけ価格も高くなりますので、お財布と相談して決めてくださいね。

ウェブカメラの使い方

最後に、ウェブカメラの使い方ついてご説明しましょう。

外付けのウェブカメラの使い方はとてもシンプルです。

パソコンの画面上部にウェブカメラ本体を取り付け、USBケーブルをパソコンに差し込むと、自動的にインストールされます。

「スタートボタン」→「アプリ一覧」→「カメラ」に進み、カメラアプリを起動して、きちんと連動しているか確認しましょう。

ウェブカメラは、USBケーブルが届く範囲ならどこに置いてもOKですが、カメラの位置はパソコンの画面上部がベストですね。

パソコン本体とウェブカメラ本体が別々の場所にあると、インストラクター側に、あたたの目線がズレて見えてしまうので、ポーズチェックがしにくいかもしれません。

自然な映像になるように、カメラの位置とPC画面を合わせるようにすると良いですね。

オンラインヨガにおすすめアイテム!広角レンズについて解説

ここまで、オンラインヨガのおすすめアイテムウェブカメラについてご紹介してきました。

次は、同様におすすめの広角レンズについてご紹介していきましょう。

広角レンズは、標準レンズ、望遠レンズのようなカメラのレンズの1種です。

しかし最近は、スマホに装着するタイプのスマホ用の広角レンズがあります。

オンラインヨガでは、この広角レンズを使うと近い距離でも全身を映すことができるのです。

また、気軽に利用できるというメリットもありますのでおすすめです。

詳しくご説明していきましょう。

広角レンズとは?

広角レンズとは、広い範囲を映すことができるレンズのことです。

大きな建物の外観を取る時、「全体を撮りたいけど、これ以上下がれない!」ということがありませんか?

広角レンズなら、近い距離でも広い範囲を取れるので、大きな建物もしっかりカメラに収めることができるのです。

そして最近人気なのが、スマホ用の広角レンズ。

カメラにクリップのようなものがついていて、そのクリップでスマホに挟むだけでOK。

より広い範囲の景色を撮りたい時、自撮りする時に大活躍するアイテムですね。

価格は3,000円前後のものが多いですが、なんと100均でも販売されています。

オンラインヨガのレッスンでは、この広角レンズがとても役立つのです。

メリットを見ていきましょう。

オンラインヨガで広角レンズを使うメリット

気軽に手に入れることができる広角レンズですが、オンラインヨガで使うメリットは何なのでしょうか。

2つのメリットについてご説明しますね。

①カメラと距離が近い場所でも全身が映る

ウェブカメラと同じように、広角カメラのメリットは、カメラとの距離が近い場所でも全身が映るということです。

スマホのカメラを自撮りモードにして椅子などに置き、全身が映るようにしてみてください。

その状態でスマホの画面がよく見えますか?

ほとんどの方がよく見えないと思います。

スマホのカメラで、全身、しかも立っていても座っていても映る状態にするためには、結構後ろまで離れる必要がありますよね。

インストラクターにはしっかり全身を見せることができても、肝心のインストラクターの動きが見えにくくなってしまいます。

インストラクターの姿がうまく見えずにイライラしてしまいますし、きちんと見えないと正しく真似ることができませんよね。

そこで役立つのがスマホ用の広角レンズです。

スマホに取り付けるだけで、見える範囲がぐんと広くなるので、スマホに近づいた状態でも全身を映すことができます。

そうすれば、インストラクターの姿もハッキリ見ることができますね。

②気軽に利用できる

広角レンズは、クリップをスマホのカメラレンズに装着するだけでOKです。

ケーブルもないので邪魔になることもありません。

しかも、値段がリーズナブルという魅力もあります。100円から販売されているので、気軽に試すことができますね。

この気軽に利用できるのが、広角レンズのメリットと言えます。

オンラインヨガで広角レンズを使うデメリット

気軽に利用できる広角レンズですが、以下のようなデメリットもありますのでお伝えしておきましょう。

クリップの固定がうまくいかないことがある

クリップで装着するだけで簡単というメリットがある一方、クリップがうまく固定されないと位置がズレてしまうというデメリットがあるのです。

スマホのレンズのちょうど真ん中に合っていないと、周りの映像が黒く欠けた状態になってしまうのも難点ですね。

オンラインヨガで使うウェブカメラの選び方

それでは、オンラインヨガ用の広角カメラを選ぶ時には何に気を付ければ良いのでしょうか。

ウェブカメラの難点である「クリップの固定」に気を付けるのがポイントです。

①スマホにしっかり固定できるものを選ぶ

とても便利なスマホ用の広角レンズですが、クリップの固定が緩いとズレてしまうという難点があります。

ただし、しっかり固定できるものであれば、そのような心配は少ないでしょう。

クリップの強度を調節できるものだと、スマホの厚みに合わせてしっかりフィットさせられるのでおすすめ。

シリコンなどスマホにしっかり吸着できる素材であるとさらに良いでしょう。

商品レビューをチェックして、ズレにくい商品を選ぶことも大切です。

②口径が大きいものを選ぶ

広角レンズは、スマホのレンズのちょうど真ん中に装着しないと周りが黒くなったり、歪んだりぼやけたりしてしまいます。

口径の小さいレンズだと、スマホのレンズに合わせるのが難しいため、口径の大きなレンズを選ぶことが大事です。

そうすれば、スマホレンズに合いやすくなるので、映像トラブルが防げるでしょう。

 

この2点に注意していただければ、リーズナブルな価格でも、オンラインヨガレッスンに役立つ広角レンズを選ぶことができるでしょう。

まずは安い価格のものから試してみるのも良いですね。

広角レンズのカメラの使い方

広角レンズは、スマホのカメラレンズにピッタリ合わせた位置に装着します。

クリップ部分でスマホを挟むだけなので、簡単に装着することができるでしょう。

使い方はとても簡単なのですが、レッスン中にスマホが動いてしまうと広角レンズもズレてしまうことがあります。

そうすると、前述したように、映像に不具合が生じてしまうので気をつけましょう。

これを解消してくれるアイテムはスマホスタンドです。

卓上タイプのスマホスタンドに置くとスマホが固定され、広角レンズがズレにくくなるのでおすすめです。

スマホスタンドは100均でも購入できますので、ぜひ試してみてください。

オンラインヨガでウェブカメラを広角レンズのカメラの位置は?ベストの位置を確認しよう

オンラインヨガでウェブカメラを広角レンズのカメラの位置は?ベストの位置を確認しよう

ここまで、オンラインヨガでウェブカメラ、広角レンズを使う方法について解説してきました。

どちらも必ず必要なアイテムではありませんが、あることでオンラインレッスンを快適に受講できるでしょう。

最後に、それぞれのカメラの位置についてご説明したいと思います。

せっかくカメラアイテムを準備したら、カメラの位置にもこだわりたいですよね。

カメラを置く位置のポイントは以下の2点になります。

目線が下にならない位置

ヨガレッスンが座ったポーズが多いため、スマホやパソコンを床に置いて受講する方が多いです。

固定できるので置きやすい位置ではありますが、立ったポーズの時に目線が下になってしまう難点があります。

「目線を下にするとポーズが取りにくいけれど、インストラクターの姿もちゃんと見たい…」となると、レッスンに集中できないでしょう。

スマホやパソコンのカメラの位置は、座っても立ってもちょうど良い高さが好ましいです。

椅子やローテーブルなど、ちょうど良い高さになるようなものの上に置くようにしましょう。

体が明るく見える位置

もう1つのポイントは明るさの問題です。

「カメラに全身を映そうと部屋の隅でポーズを取ったら、暗くてインストラクターに姿がちゃんと見えていない…」ということがよくあります。

インストラクターはそれほど大きな画面であなたの姿を見ているわけではないので、薄暗いと姿がちゃんと見えず、的確なポーズチェックができません。

せっかく高画質なウェブカメラを買っても、暗い場所だと鮮明に移すことができないでしょう。

そのため、カメラの位置は、あなたの体が見えやすい「明るさ」であることがポイントです。

太陽の光が差し込む日中であれば、窓のほうを向いて座り、その前にスマホやパソコンを置きましょう。

あなたの体に日光が当たるので明るく見えます

夜の場合は、天井の電気が斜め前にくる場所に座り、その前にスマホ、パソコンを置くとあなたの姿が明るく見えるでしょう。

 

このように、ただ全身が映るようなカメラの位置ではなく、目線と明るさに注意すると、レッスンが受けやすく、インストラクターにもちゃんとポーズチェックしてもらえるでしょう。

ウェブカメラや広角レンズを使ってオンラインヨガをもっと快適にしよう

今回は、オンラインヨガにあると便利なアイテムとしてウェブカメラと広角レンズについてご紹介してきまた。

ウェブカメラと広角レンズを使うことで、狭いスペースでも全身を映して受講することができたり、鮮明な映像を届けらなど、メリットが多いことがおわかりいただけたと思います。

必ず必要なものではありませんが、あること快適に受講することができて、効果的なレッスンになるでしょう。

興味がある方は、今回ご紹介したアイテムを選ぶポイントを参考にしていただき、あなたに合ったアイテムを探してくださいね。

また、購入後は、カメラの位置にもこだわって使用すると良いでしょう。